知多

地元の地名が入ったウイスキー

投稿日:

今回は、地元の地名が入ったウイスキーを紹介します。

ここ最近発売されたばかりの新しいウイスキーです。

商品名の知多は知多市にある蒸留所からきてるみたいです。

自分も色んな種類のお酒がある中で、ウイスキーが口に合いよく飲むのですが慣れ親しんだ地名が入ったウイスキーが発売されとても嬉しく、また親しみがわく物となっています。

正直、知多に蒸留所があるなんて知りませんでした。

知多というウイスキーが発売され、最初は???でした。

知多市やその近くの東海市は工業地帯で大きな工場があり、どこの会社とかは生活していると耳に入ってくるぐらいでしたが、お酒を造っている蒸留所があるなんて一度も聞いた事がなかったからです。

元々、サントリーで販売されている、他のウイスキーを作る為のグレーンウイスキーという物を造っている蒸留所だそうです。

近年のハイボールブームのおかげかも知れませんが、他のウイスキーに比べて販売が開始されて間もない新しいウイスキーです。

詳しくは、サントリーのHPで詳しく書かれていますが、ハイボールで花開くと言われていて、ハイボールで飲む事をメインにしているのかもしれませんね。

風香るハイボール

その言葉の通りさっぱりとしていて、食事をしながらでも美味しいく飲めるウイスキーだと感じました。

サントリーのHPでは色々な飲み方を提案してくれていて、山椒や生姜など面白い飲み方もありました。

さっぱりとした感じなので色々な物を添えて楽しむのも良いかも知れませんね。

※ウイスキー1に対して炭酸水3.5の割合で飲むのがお勧めらしいです。

唐揚げとか味のしっかりした物と飲むのが、個人的に好きです。愛知名物の手羽先なんかと一緒に飲んでみるのはいかがでしょうか。

発売当初には、グラスとセットでウイスキーが販売されていました。

グラスも、独特な形をしていて香りを楽しむような造りをしています。

グラスの裏側には線が記載されていて、目分量でもハイボールが作りやすくなっていました。

地元の物という愛着があるのかもしれませんが、知多ウイスキーはとても気に入っています。

さっぱりしていて飲みやすい事も、自分の口に合っている気がします。

CMも爽やかで撮影場所がとても気になりますが、知多半島にあるのかな?と思います。

探せばそれっぽいのが南知多の方にありそうですが、どこかは不明ですね(笑)

ボトルのラベルもそうですが、知多という漢字がカッコ良くグラスも気に入って使っています。

知多という場所、知多半島という場所が、この知多ウイスキーで有名になってくれたらな良いなと思います。

名古屋駅に[知多 風香る BAR]があるみたいなので、また名古屋に遊びに行く時には行ってみたいと思います。

詳しくは、HPをご覧ください。

知多 風香る BAR のHP

https://www.suntory.co.jp/whisky/chita/bar/

知多ウイスキーの詳細や飲み方の提案など、サントリーのHP

https://www.suntory.co.jp/whisky/chita/

最近はどこの居酒屋にもよく見かけるので気になる方や飲んだ事ない方は、ぜひ飲んでみてください。

※お酒なので二十歳過ぎてから飲んでください。

-知多
-

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

プロフィール

はじめまして

自分は、常滑市の出身です。

最近は、知多半島に遊びに来る方が多くなったと感じています。

今回は、地元が活性化できればと思いこのブログ作りました。
色々と知らない所を冒険しながら地元の事を紹介していきたいと思っています。

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。